魚介の良い香り!クラムチャウダーの作り方(下処理~調理まで)

今回は、クラムチャウダーの作り方をご紹介します。

特に今回はあさりを使う・終始フライパンで調理するなど、香りを意識しつつ簡単なレシピに仕上がりました。下処理も合わせてご紹介しますので、ぜひ試してみて下さい。

クラムチャウダーの作り方

【材料 4人分】

★具材
・あさり 200g
・玉ねぎ 1個
・じゃがいも 1個
・にんじん 1個
・マッシュルーム 5~6個

★調味料など
・白ワイン 60cc
・小麦粉 大さじ2
・水 400c
・牛乳 200cc
・コンソメキューブ 1個
・塩・コショウ 適量
・オリーブオイル 適量

※塩抜きをする場合は水250cc、塩大さじ2分の1

【熱量】
164kcal/1人分
⇒栄養価計算ツールを用いて算出をしております。

2 作り方

★あさりの下処理
ⅰ 水250ccに塩大さじ1/2を加えた塩水を、あさりの表面がぎりぎり浮く程度に入れる。

ⅱ ⅰの上に新聞紙などを敷き、ラップをして1時間(潮干狩り後は3~4時間程度)冷蔵庫で寝かせる。

ⅲ 寝かせたあと、水で貝殻を擦り合わせるように洗う。

★下準備
① ジャガイモ・ニンジンはさいの目に切り、玉ねぎ・マッシュルームは薄くスライスする。

② フライパンに下処理したあさり・白ワインを入れ2~3分蒸し焼きにし、貝殻を開かせる。その後1度別の皿に移す。

★炒め→煮込み
③ オリーブオイルを敷いたフライパンに、ジャガイモ・ニンジン・玉ねぎ・マッシュルームを加えて炒める。

④ 玉ねぎがしんなりしたタイミングで小麦粉を加え、ダマがなくなるまで炒める。

⑤ ④に水・牛乳・コンソメ・②のあさりを加え煮詰めていき、仕上げに塩・コショウで味を整えて完成!

3 youtubeの料理動画でご紹介

4 レシピのポイント

今回はあさりを使用し、また特別な調理器具も要らず終始フライパンで調理するため、洗い物も含めて簡単に仕上がります!

まずはあさりの下処理です。

水250cc、塩大さじ2分の1を混ぜた塩水を、あさりの表面が浸かる位(写真位)に浸します。

そして新聞紙やチラシを敷き、光が当たらないようにします。

こうすることであさりが砂を吐くため、食感にザラザラ感なく美味しく食べることが出来ます。

そして1時間(潮干狩り後は3~4時間)経過したら、貝と貝を擦り合わせるように洗い、下処理は完了です!

あとは白ワインを入れ、フタをして煮込むことであさりの殻が開きます。

※ ベーコン・生クリーム・バターなどを抜き、マッシュルームやオリーブオイルで代用しているため、ちゃっかり低カロリーに仕上げました。

クラムチャウダーの作り方まとめ

今回は、クラムチャウダーの作り方をご紹介しました。

魚介の香りが良く、そしてフライパンひとつで簡単に出来るため、とてもおすすめのレシピです。さりげなくカロリーも抑え目の一品ですので、ぜひ夕飯などに試してみて下さい。

 

★料理名・材料などで検索♪★
・料理 → 唐揚げ、ポテトサラダ、チーズケーキなど
・食材 → 鶏胸肉、なす、キャベツなど
・その他→ スーパーのセール品や冷蔵庫の残り食材など(笑)

料理名・材料などで検索♪